ABOUT US
会社案内

企業理念

物流業界を曳航する海上輸送のプロフェッショナル

どこまでも青い海、遮るもののない空、遠くに行き交う貨物船、そして対岸には横浜の市街が広がる景色。
そこに富島運輸は存在します。
弊社は1948年に創業以来「安全・確実・迅速」をモットーに、
今日まで日本の先端技術を世界へ運ぶ輸送サービスの提供をしてまいりました。

近年では、物流業界においても経済の発展とともに、社会のニーズはより多様化、高度化しています。
私たちは豊富な経験と実績から輸送・輸出梱包・保管・通関・船積・仕向地情報の提供など、
物流全般を効率化したトータル輸送システム「Tomijima Total Transportation System」を確立しました。
その全ての工程において、安全を最優先とし、社員が安心して働ける環境づくりにも努めております。

また日々進化する製品やニーズに対応するため梱包仕様の研究も絶えず行っております。
その一例として森林破壊問題に配慮したオリジナルスチールケースを開発し、導入してまいりました。
2018年には横浜税関より、コンプライアンス体制とセキュリティ管理について優れた事業者として、
AEO(特定保税承認者)の認定を受けております。

今後も弊社は、人と社会と環境に誠実に取組む姿勢をもとに、
お客様の信頼に幅広くお応えし、日本が誇る最新鋭の技術を世界へ運ぶ役割を果たしていく所存です。

環境への取組

私たちのパートナー…海
地球環境保護も富島運輸の仕事です。

国際物流にとって、欠かすことが出来ないのは海。
その海を汚さず大切に保護していくのも私たち富島運輸の仕事です。
これからも地球と会話を続けながら、地球にやさしい輸送システムを目指して行きます。

富島オリジナルスチールケース

梱包業界ではいち早くスチールを導入、横浜物流センターにてオリジナルスチールケースの製作を行っています。CADシステムにより的確な梱包設計が可能なため、材料であるスチールを無駄にしません。
従来の木箱梱包を低減させることで、森林保護も視野に入れています。 また新素材や梱包仕様の研究・艀輸送によるCO2削減に取り組んでおります。

ハイブリッド梱包

木材梱包とスチール梱包、それぞれの良さを活かした梱包がハイブリッド梱包です。 当社では現状の枠にとらわれない新たな新素材や梱包仕様の研究に常にチャレンジしております。
また新素材や梱包仕様の研究・艀輸送への取り組みによってCO2削減にもつながっています。

資格・認証

信頼と安全の富島運輸

AEO認定事業者

当社は2018年に厳格なセキュリティ基準を満たし、横浜税関よりAEO特定保税承認者として認定を受けました。認定を受けることにより、お客様からお預かりした貨物の簡易・迅速な通関手続きを実現することができます。

AEO認定事業者

Gマーク認定事業者

当社は国土交通省が推進する「安全性優良事業所」の認定を受けております。認定を維持するとともに無事故・無違反を遵守し、日々安全な輸送業務を遂行していますのでご安心してお品物をお任せください。

Gマーク認定事業

グリーン経営認証取得事業者

当社は工場や輸送におけるCO2排出量の削減などに積極的に取り組む環境にやさしい事業者として「公益社団法人交通エコロジー・モビリティ財団」よりグリーン経営の認証を受けております。

グリーン経営認証取得事業者

会社概要

社名(英文社名) 富島運輸株式会社(Tomijima Unyu Co.,Ltd)
本社 〒236-0003 
神奈川県横浜市金沢区幸浦1丁目2番20号
代表者 代表取締役会長 CEO 八木庄三郎
代表取締役社長    内田裕久
設立 昭和23年11月16日
資本金 60,000,000円
決算期 3月31日(年1回)
営業種目
  1. 港湾運送事業
  2. 海運貨物取扱業
  3. 内航運送取扱業
  4. 通関業
  5. 倉庫業
  6. 複合一貫輸送
  7. 貨物自動車運送業
  8. 貨物自動車運送取扱業
  1. 航空運送取扱業
  2. 建築・土木工事の設計・施工・監理及び請負
  3. 塗装業
  4. 梱包業
  5. 貨物運送取扱業
  6. 木箱製造業
  7. 前各号に関連付帯する一切の業務
登録免許
  • 一般港湾運送事業(京浜港 1種第2090号)
  • 一般貨物自動車運送事業(事業者NO470002064)
  • 通関業 横浜 税関 (指令 第1014号)
  • 保税蔵置場 横浜物流センター(監指令第 53号)
    横浜第2物流センター(監指令第163号)
    沼津物流センター(指令第61号)
  • 内航運送取扱業(関 W 第1001号)
  • 重量物解体・組立・据付工事(神奈川県知事建設業登録わ~5858)
  • 上屋・倉庫保管業(指令 第1132号)

事業所一覧

会社沿革

1948年 昭和23年 11月 資本金100万円、横浜にて創業。
1960年 昭和35年 重量機械、鋼材類輸送のため、トレーラー、トラックを増車し陸送部門の増強を計る。
1962年 昭和37年 資本金500万円に増資。
1963年 昭和38年 資本金1000万円に増資。
1964年 昭和39年 静岡県清水町に沼津営業所の新設備完成、3月より営業開始。梱包工場を増設(敷地面積2,668.45m²)。
1966年 昭和41年 資本金2000万円に増資。
1969年 昭和44年 3月 資本金2,500万円に増資。
9月 大阪事務所を開設。
11月 横浜本牧ふ頭工場完成、営業開始。
1976年 昭和51年 コンピューターで梱包部材設計を開始。
1978年 昭和53年 本牧工場増築(建屋面積3,043.50m²)本牧ふ頭工場増築。本社ビル移転。
1979年 昭和54年 子会社として富島商事株式会社を設立。(資本金1,000万円)
1981年 昭和56年 金沢工場開設(建屋面積3,768m²)。
1984年 昭和59年 本牧工場で鉄鋼梱包を開始。
◇関東地区の業界の中ではいち早く鉄鋼梱包に着目し、導入する。
その後、研究・技術開発を重ねた結果、わが社独自のスチールケースを完成させる。
1986年 昭和61年 東京税関にて通関免許取得
1990年 平成2年 増資(資本金6,000万円)。
1991年 平成3年 神戸出張所開設。
1996年 平成8年 横浜市金沢区に「幸浦物流センター」として開設(敷地面積6.000m²)。
◇本牧工場よりスチール梱包、金沢工場よりコンテナ作業を同事業場に移管する。
これに伴い本牧工場を「本牧パネルセンター」と名称を改め、スチールパネル製作専門工場とする。
1998年 平成10年 会社設立50周年を迎える。
2000年 平成12年 3月 横浜物流センター(通称:グリーンセンター)開設。
◇同事業場は、敷地面積17,774m²、建屋面積11,350m²を誇り、最大130トンの天井クレーン、35トンフォークリフトを設備し真に、大型重量貨物対応の物流拠点となる。
◇また、同事業場の開所に伴い本牧パネルセンターを閉鎖、金沢工場の名称を「横浜第2物流センター」(通称:オレンジセンター)に変更。
2001年 平成13年 4月 名古屋税関にて通関事業免許を取得。
2004年 平成16年 1月 沼津物流センターISO14001認証取得。
2007年 平成19年 4月 沼津物流センターを沼津市双葉町に開設(敷地面積5,787m²)。沼津営業所の移転。
2008年 平成20年 会社設立60周年
2010年 平成22年 3月 富島運輸(株)木材熱処理センターを開設
◇(社)全国植物検疫協会認定の木材熱処理設備を導入し、検疫体制に対応。
2012年 平成24年 5月 横浜物流センターE棟増設(敷地面積9,332m²)。
◇蔵地機能の拡充を図るとともに、スチールパネル製作のロボット化を拡張。
2018年 平成30年 東京営業所の通関業務を横浜営業所に集約の為、東京税関へ通関事業免許返納
8月 AEO(特定保税承認者)取得
11月 会社設立70周年
2020年 令和2年 9月 神戸出張所閉所。東京営業所へ業務統合。

組織図

画像を拡大する

TOP